心理カウンセリングとは?


心の悩みがあるとき

家族や知り合いに相談しますか?
それとも専門の心理カウンセラーのカウンセリングを受けますか?
人間は誰でも悩みを持って生きています。
悩みの内容は千差万別ですが、誰かにその悩みを打ち明けて、相談に乗ってもらいたいと思うこともあるでしょう。
では、家族や知り合いに相談に乗ってもらうことと、専門の心理カウンセラーに相談に乗ってもらうことの違いはあるのでしょうか?


家族や知り合いが相談に乗ってくれる場合

思い出してみてください。
家族や知り合いに相談に乗ってもらったときのことを。
話を最後まで聞いてくれましたか?
あるいは、言いたいことの全てを、気持ちがすっきりするまで話すことができましたか?


カウンセラーが相談相手の場合

心理カウンセラーはご利用者様の話を、最大限、聴きとることからはじめます。
そして、話の内容を理解する努力をし、辛さを共感し、自分のことのように考え、また、話がしやすくなるよう、苦痛にならない質問や、小さなアドバイス(最小限)を行いながら相談をすすめていきます。(まったくアドバイスを行わない場合もあります)
そして、答えを一緒に探す努力をします。
この、答えというものは、実は、ご利用者様自身の心の中に眠っている場合がありますので、話しを聴きながら、それを一緒にみつけます。
また、家族や知り合いだと話せないような悩みも、いままで面識がなかったカウンセラーが相手だと、話せてしまうことが多々あります。
とても重要なこととして、ご利用者様の話を中断させないよう話を聴き続ける・・・これを大切に実施いたします。(少なくとも当カウンセリングルームのカウンセラーはこの努力をします)
さらに、心理カウンセラーは、守秘義務がありますので、他の方には、情報は一切漏らしません。(ご利用者様のことや、それを臭わせる内容は一切外には漏らしません)


当相談室の心理カウンセラーは読心術はありません

当カウンセリングルームの心理カウンセラーは、テレビにでてくるようなメンタリストや、占い師のように、あれもこれも、人の心を読んで、言い当てることを目的にしているわけではありませんが、各種心理学や、行動科学、カウンセリング論の知識を使い、ご利用者様の話を聴き、また、身振り手振りや、表情などから、言葉にならない情報を集める努力を行います。
こういった言語にならない情報(非言語情報・ノンバーバル・コンテキスト)も、カウンセリングではかなり重要です。
小さなアドバイス(最小限)を含めるようにしていますが、場合によっては、まったくアドバイスを行わずに、淡々と話を聴くこともあります。(アドバイスが仇となる場合が多々あるからです)
心理カウンセラーにアドバイスを求められた場合は、アドバイスを含めますが、基本的に、思っていることを全部吐き出していただくことを最重要な要素と考えて日々実施しています。


お問い合せ・ご予約

心理カウンセリング・アイズオブマインド

●事務本部
〒468-0002
愛知県名古屋市天白区焼山1-905-203(住居ではありません)

●上前津相談室
愛知県名古屋市中区上前津1丁目(地下鉄上前津駅6番出口から徒歩1分)

●予約電話
052-740-2857

個人情報保護
当サイト免責事項
特定商取引法に基づく記載


予約受付時間

火・水・木10:00~20:00
カウンセリング最終終了23時
(休業日:月・金・土・日・祝)